海外・英語WEB集客やソーシャルメディアについてのブログ

ソーシャルメディアでブログをシェアして貰う7つの方法


ソーシャルメディアでブログをシェアして貰う7つの方法
ソーシャルメディアを使って集客を試みているが、いまいち効果が見えないといういった事をお聞きする事があります。ただブログを書いているだけでは、ソーシャルメディアで大きくシェア(共有)して貰う事は難しいかもしれません。

そこで今回は、ソーシャルメディアでブログのシェアを増やす方法を書いた「7 Ways to Increase Your Blog’s Social Media Shares」を紹介させて頂きます。

ソーシャルメディアの活用に少しでも役立てて頂ければ幸いです。

ソーシャルメディアでブログをシェアして貰う7つの方法

皆様のブログでは、読者がシェアしたくてたまらない様な内容のブログを書かれていますか?

もっと多くの方に様々なソーシャルメディアでシェアしてもらえればいいと思いませんか?

ブログはソーシャルメディアでの存在を得る上で、中心的な役割になります。

この記事では、Facebook・Twitter・Pinterestといったソーシャルメディアでシェア(共有)を増やす為に、ブログをどう改善すれば良いか知って頂く事ができます。

1.ソーシャルメディアのコメント機能をブログに統合

ブログ更新をFacebookへ投稿した際に、ファンはブログではなくFacebookの投稿へコメントを残こす。

こんな面白い事を多くのブロガーは言い始めています。

ソーシャルメディアでブログをシェアして貰う7つの方法とは!?

もしあなたのブログでも同じ様な事が見受けられる場合は、上手く利用してしまいましょう。ブログのコメント欄をFacebookのコメント機能に置き換えましょう。Facebookのコメントは、ブログとFacebook上でのコメントの両方を統合してくれます。

言い方を変えると、ブログ記事へのコメントは、Facebook上でも表示されるという事です。Facebookへ投稿したブログ記事(リンク)へのコメントは、ブログ上でも表示される事になります。

Facebookコメント機能|INNOUT.jp

Twitterでも同じ様な方法が使えます。「Twitter Mentions as Comments」というプラグインを使うと、ブログ投稿に関するツイートを探し、ブログ記事にコメントとして追加してくれます。

記事に対して多くコメントが寄せられていると、ブログの訪問者に対してコメントやシェアしたいという動機付けになります。

2.ソーシャル・シェアボタンを追加

読者に面倒な作業をお願いするのは難しいですよね。シェアするのを簡単にすれば、シェアして貰い易くなります。

ソーシャル・シェアボタンは、ソーシャルメディアをブログに統合する基本となります。

ソーシャルメディアのシェアボタン

投稿上部のTwitterボタンや投稿下部の各種シェアボタンなど設置方法はさまざまですが、ソーシャルメディアでシェアして貰える機会を作りましょう。

どのソーシャルメディアのボタンを含めるかは、誰が訪問者なのかを踏まえて考えてください。
訪問者はどのソーシャルメディアを好んで使っていますか?

もしどのソーシャルメディアを含めるか定かで無ければ、暫く全てのソーシャルメディアのボタンを含めてもかまいません。そのうちに、どのソーシャルメディアがよく使われているか、わかってくるかと思います。使われていないソーシャルメディアは、その後に外してしまいましょう。

3.リンク・引用・プロへのインタビュー

高品質の情報源へリンク、業界の著名人を引用、ブロガーやその道のプロへのインタビューは、信憑性を向上させるだけでなく、ソーシャルメディアでの言及を増やす事にも繋がります。

ブログで紹介した方やサイトは、もしかすると彼らのネットワークでシェアしてくれるかもしれません。

著名人やその道のプロを引用

その道のプロやブロガーをブログ内で引用してみましょう。彼らのソーシャルネットワークでシェアしてくれるかもしれません。新しい読者層を獲得するには良い方法です。

4.価値あるコンテンツをシェアと交換

多くのウェブサイトでは、メールマガジンの登録者に無料コンテンツを提供しています。同じ様な事をあなたのブログでもやってみましょう。安定したアクセスを集めている人気のブログ記事があれば、「鍵」をかけてしまいましょう。そして、そのブログ記事を読む為にソーシャルメディアでシェアをお願いしましょう。

この方法は効果的である一方、記事を読む前にシェアを求めており矛盾しています。記事全文に鍵をかけるのは避けましょう。読者がシェアしてでも読みたくなる様に(魅力的な)イントロ部分を公開しましょう。

WordPressサイトであれば、「Social Locker」というプラグインを使う事でブログ記事に鍵をかける事ができます。読者は、読みたい記事に「いいね!」やツイート、Pin、+1することで鍵を外せます。価値あるコンテンツへのアクセスを制限する事で、ソーシャルメディアの活気づけに繋がるかもしれません。

ソーシャルメディア鍵を掛ける

5.魅力的な画像を追加

画像は、最近とても大切になっています。Pinterest、Facebook、Google+、ツイッターなどの各ソーシャルメディアでは、画像・動画などの視覚コンテンツに注力してます。ブログを書く際は、全ての記事にシェアしたくなる様な画像を用意しましょう。

ソーシャルメディアでは魅力的な画像が重要

では、どの様な画像が魅力的なのか?清潔感があり、プロっぽく、どの様な記事かの説明がある物がよいでしょう。人は自分を反映したコンテンツをシェアしたくなる事を忘れないでください。ポジティブであるか、インスピレーションを与えるか、学びを与えるかなど、画像選び際に意識しましょう。

画像に効果をつけたり、テキストを重ねたりと画像編集する方法は沢山あります。 例えば、「PicMonkey」や「I’d Pin That!」はニュースフィードやPinし易い画像を作るのに役立つサイトです。(Pinterestでもシェアされ易い様に画像にPinterestボタンをつけるのを忘れない様に)

6.記入済みツイートを用意

ブログ記事を売り込むこと(そしてソーシャルメディアの活用)は、シェアする価値がある簡潔なメッセージを有しているか改めて確認する事になります。

記入済みツイートを作れる「clicktotweet」

「Highlighter」や「ClicktoTweet」といったツールは、訪問者がブログ記事を安易にシェア出来る環境を提供します。

この様なツールは、あなたの代わりにツイートしてくれますが注意点もあります。そのままツイート出来る様な役立つ内容にしましょう。また、パンチを効かせつつ140字以内におさめる様に心がけましょう。

7.懸賞キャンペーン

皆様のブログやサイト上で、懸賞やプレゼントを提供していますか?もし行っているならば、「いいね!」・ツイート・Pinしてくれた方にプレゼントが当たるキャンペーンをはじめてみては如何ですか?ソーシャルメディアで大きな反応が得られるかもしれません。

例えば、ツイッターでフォロワー獲得を目指しているのであれば、アカウントへのフォローを参加条件に懸賞キャンペーンを行いましょう。そして、その懸賞キャンペーンについてハッシュタグ付きでツイートしてくれた方を対象に、別の懸賞キャンペーンを行いましょう。

この様なツールを使えば、運営管理を簡単にしてくれるだけでなく、参加者が条件を満たす事をシンプルにしてくれます。当選者をランダムに抽出してくれるツールもあります。

懸賞キャンペーン向けの管理ツール

この様な懸賞キャンペーンを、ソーシャルメディア上で更に盛り上げたいですか?
2〜5名のブロガーと共同で懸賞キャンペーンを行ってみては如何でしょうか?

共同懸賞キャンペーンでは、各自がそれぞれ大きなプレゼントを用意し、それぞれのソーシャルメディア上(ブログを含む)で懸賞キャンペーンを紹介します。各ブロガーは、新たな読者層に露出する事が出来るだけ無く、ファン・フォロワー・「いいね!」・シェア・ブログ読者を獲得する事が出来ます。

この様なキャンペーンを実施する際は、それぞれのソーシャルメディアの規約を予め確認する様にしてください。キャンペーンへの参加にアクションを要求する事を許可していないソーシャルメディアもあります。例えば、Pinterestは懸賞やコンテストに関して厳しいルールが敷かれています。

まとめ

いくつかのプラグイン・シェアして貰える画像・戦略的なパートナーの助けを得る事で、あなたのコンテンツはシェアして貰えるでしょう。

簡単にシェア出来る環境を作る事で、喜んで口コミを広めてくれるでしょう。(特に印象を良くする様なコンテンツであれば。)シェア・「いいね!」・コメントの1つ1つがソーシャルメディアの効果をもたらし、新たなファン獲得へ繋げてくれます。

参考にして頂けたでしょうか?

プラグインを追加する様な施策では、ウェブ制作会社と相談したりと簡単には実行しづらいかもしれません。しかし、「5.魅力的な画像を追加」や「6.記入済みツイートを用意」は比較的簡単に導入出来るのではないでしょうか。

まずは簡単にはじめられる施策から試してみては如何でしょうか。

「これは試してみた」「こんな風にしたらソーシャルメディアの反応が増えた」などの経験談やご意見などもよろしければ以下のコメント欄からお願いします。
 

関連記事

Tags

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>