海外・英語WEB集客やソーシャルメディアについてのブログ

英語ホームページ制作で参考になるWebサイト10選(大学・教育機関)


英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|williamandmary日本で学びたいという学生に取って、英語ホームページを持たない・英語で検索エンジン対策を行っていない教育機関は存在しないも同然です。

個人的な経験ですが、ある国で現地語の言語学校を探した事があります。その際に英語で検索しても数件の言語学校がヒットするだけでした。しかし、日本語で検索してみると、日本人向け(授業料の高い)言語学校が数多くヒットしました。

これは日本人向けの言語学校が多いという話ではありません。実際、町中を歩いていると、多くの言語学校(検索にヒットしなかった)を見かけます。

比較的授業料の高い日本人向け言語学校では、日本語でホームページを作り、日本語で検索エンジン対策が行われているのです。一方、比較的授業料の安い言語学校では、英語でホームページを作っていても、英語での検索エンジン対策などが行われていなかったのです。

教育機関であっても、英語でホームページを作り、英語で検索エンジン対策や英語での集客を出来ていないと、学校を探している学生に取っては存在しないも同然なのです。

今回は、大学・専門学校・日本語学校などの教育機関向けに、参考にして頂けそうな英語ホームページ(英語WEBサイト)のデザインを集めてみました。

他にも、海外向け・外国人向けの英語ホームページは多くの種類があるかと思います。

多くの皆様に参考にして頂ける様に、他にもいくつかご用意させて頂きました。

上記以外にも、こんな業種も見たいというリクエストがありましたら、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

1.Bates College [http://www.bates.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|Bates College
デザイン性の高いウェブサイトです。

 

2.Biola University Undergrad [http://undergrad.biola.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|biolauniversity
こちらもデザイン性の高いウェブサイトです。

 

3.Capitol College [http://www.capitol-college.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|capitolcollege
英語圏の大学でよく見かけるスタイルのホームページです。

 

4.Northland College [http://www.northland.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|northlandcollege
入学希望の学生に向けたデザインを意識したデザインです。
Facebook, Twitter, Linked In, Google+, Pinterestなどでシェアを促すソーシャルボタンが印象的です。

 

5.Warner Pacific College [http://www.warnerpacific.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|warnerpacificcollege
大学のホームページですが、シンプルなのに堅すぎない印象です。

 

6.Utah State University [http://www.usu.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|utahstateuniversity
Blogger, Facebook, Twitter, Youtubeといったソーシャルメディアを活用しています。
大学やキャンパス生活をYoutube動画を使って紹介しています。

 

7.University of North Dakota [http://und.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|universityofnorthdakota
こちらの大学のホームページでは、Facebook, Twitter, Flickr, Youtubeなどのソーシャルメディアを活用しています。また、ライブチャットにより訪問者の質問などにもリアルタイムに対応しています。

注目したいのが、ニュースページなどのシェアボタンです。
ソーシャルメディアやメール等で情報をシェアし易い環境を作っています。

 

8.The College of William & Mary [http://www.wm.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|williamandmary
英語圏の大学としては一般的なFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用しています。しかし、面白いのは、学部や図書館などもそれぞれのアカウントを持って運営しているのです。

さらに、非公式としてですが、サークルや部活動のアカウントも、ホームページ上に記載しています。

 

9.Dickinson College [http://www.dickinson.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|dickinsoncollege
他の英語圏の大学と同様に、Facebook, Twitter, Pinterest, Flickr, iTunesU, Youtubeを活用しています。

 

10.Champlain College [http://www.champlain.edu/]

英語ホームページ制作参考サイト|大学・教育機関|champlaincollege
Facebook, Twitter, Flickr, Vimeo, Youtubeとソーシャルメディア、
特に映像を上手に活用しています。

 

英語圏の大学や教育機関では、Facebook・Twitter以外にも、Instagram, Pinterest, Google+, Linked In, Flickr, Youtube, Vimeo, iTunesU, Blogger, Tumblrなど、幅広いソーシャルメディアを活用しています。

これは、志願者や学生に向けて情報発信しているからだと思われます。
高校生〜大学生の年代であれば、ソーシャルメディアを活発に利用していて、シェアなどにより情報共有して貰い易いという狙いもあるかと思います。

また、YoutubeやVimeoなどの動画共有サイトを活用する事で、文字や写真だけでは伝わりづらい大学内やキャンパス生活を知って貰い易くなります。

この様に英語圏の大学や教育機関では、ソーシャルメディアを上手に取り入れたホームページが多く見受けられます。国内の大学でも、今後この様なソーシャルメディア最適化(SMO)したホームページが増えてくるのではないでしょうか。

 

英語ホームページ参考サイト:

 

INNOUT.jpでは、海外向け集客や英語ホームページ(WEBサイト)を制作させて頂いております。

 

まずは気軽にこちらからお問い合わせ・ご相談ください。
 
INNOUT.jp|お問い合わせ

 

関連記事

Tags

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>