海外・英語WEB集客やソーシャルメディアについてのブログ

Facebookを使って店舗へ誘導するキャンペーン事例


Facebookキャンペーン事例:トランジションズ様

店舗経営者や来店客を増やしたいマーケターの方々は、インターネット上で広告やプロモーションを行った際に、実際に店舗に足を運んで貰うことが一つのゴールとなります。

今回は、Facebookページの制作・キャンペーンをお手伝いさせて頂いた、調光機能がついたレンズメーカーのトランジションズ様のキャンペーン事例を通して来店に繋げるFacebookの活用法をご紹介させて頂きます。

Facebookを使ったキャンペーン事例

トランジションズ様の事例では、お客様に製品取り扱い店舗へ来店頂く事が重要なゴールの一つとなります。そこで、今回はFacebookのチェックイン機能を活用して、インターネット上から店舗への来店を促すキャンペーンを企画させて頂きました。

インターネットから実店舗へ来店誘導は、O2O(Online to Offline)と呼ばれ、大変注目されている分野です。

店舗を経営されていれば、チラシや新聞広告以外で「来店してくれる新規顧客」を獲得する方法に悩まれた事があるかと思います。

インターネットを使った集客法や広告などを使えば、検索語、興味、年齢層、地域など、ターゲットを絞ったアプローチが可能です。

ターゲットを絞ることで、より購買意欲の強い見込み客に来店して頂ける様に仕掛け作りをします。

今回の案件では、Facebookのチェックイン機能を使う事で、対象店舗に来店頂き、チェックインを行って頂いた方に特典をご用意致しました。

トランジションズ様やご協力頂いた店舗様の既存顧客(ファン)の方はもちろんですが、たまたまFacebookでキャンペーンを知った方にもお得な内容となっています。

では、メーカー様や店舗様にはどの様なメリットがあるのか?

メリットその1:露出を増やす!

商品名や店舗名などの露出を増やす事は事業にとって大変重要な事です。何はともあれ、知って貰わない事には購入どころか、検討すらして頂けません。

今回のプロモーションでは、Facebookページに「いいね!」して頂く事で、「〇〇さんが●●●●ページにいいねしています。」という露出だけでなく、チェックインして貰う事による露出アップを企画しました。

来店頂いたお客様にFacebookでチェックインして頂く事で、友達にチェックインした事が表示されます。(例:下の画像参照)

facebookチェックイン例

これにより、商品名や店舗名を見て貰う機会がより一層増えるだけでなく、実際に知っている方が「どこで、何をしていたか」という自分に直接関係ある情報として商品や店舗を知って頂けます。

メリットその2:商品を知って貰う!

露出が増えたら、商品や店舗などについて知って貰います。

露出が増える事で、今まで商品や店舗について知らなかった、「Facebookページのファンの友達」や「既存顧客の友達」にアプローチする機会が出来ます。この機会を逃さない様に、商品や店舗について知って貰える様なページをFacebook内に用意します。

このページに商品の購入方法、店舗への行き方、またキャンペーンなどのリンクが表示されていると、新たな購入や来店につながり易くなります。

メリットその3:顧客との接点を作る!

見込み客にFacebookページに「いいね!」して貰う事で、コミュニケーションチャンネルを作る事が出来ます。全く接点の無い顧客に対してコミュニケーション(情報発信や話を聞いて貰ったり)する機会は、チラシ配布や広告など、どうしても費用が掛かってしまいます。

しかし、「いいね!」をして貰う事で、Facebookページを通して見込み客にコミュニケーションをとる事が出来ます。

セールの情報や商品の良さを知って貰うことで、購入に繋がり易くなるかもしれません。

価格競争になりがちな場合も、価格以外の良さを売り込む機会になりますよね。

メリットその4:見込み客を知る!

Facebookを用いる事で、顧客のデモグラフィックを知る事も可能です!

店舗経営されている場合は、どの様な顧客が多いか分かり易いですが、インターネットの訪問者が、どういった年齢層、性別、居住地などを知る事で、より効果的なアプローチをする事が可能です。

例えば、Facebookページのファン(「いいね」している人)と実際に来店してチェックインしている人のデモグラフィックを比較して、ファンは20代女性が多いのに、実際にチェックインしているのは男性で年齢層が高めであったとします。この場合は、女性や若い年齢層が来店したいと思うキャンペーンなどの施策をうつ事が可能です。

メリットその5:効果測定をする!

会社組織では費用対効果(コストベネフィット分析)の測定が必要な場合もあります。その様な際は、上記のデモグラフィックと共にチェックイン数なども取得可能です。

例えば、「〇〇円使ってプロモーションしたが、△△円しか売り上げアップしなかった」と会議で責められる事もあるかもしれません。

しかし、効果測定を行えていれば、売り上げ以上の効果を証明できます。

例えば、「売り上げ増加(incremental sales)は△△円だが、『いいね!』は〇〇増、チェックインは〇〇増、口コミは〇〇増、露出は〇〇増となり、自社のターゲットそうである□□層にも〇〇の露出が増えプロモーションとしては成功です。」という様な報告が出来るかもしれません。

ソーシャルメディアを使ったプロモーションは効果が見えづらいと思われがちですが、この様に露出数などを算出するとその効果が明確にわかります!

この様にFacebookを使ったO2Oプロモーションには、多くの効果的なメリットがあります。

実際にお客様(トランジションズ様)にお話を伺ってみました。

INNOUT.jpのお客様であるトランジションズ様に、どの様な考えで今回のFacebookキャンペーンを行われたのか伺ってみました。

*********************************
以前は、Facebookページを制作させて頂きましたが、この度はFacebookを使ったキャンペーンの企画・制作をさせて頂きましてありがとうございました。

Facebookを使ったキャンペーンはどの様な考えでを行われたのか、また企画・制作を進める上でどの様な思いがあったのかお聞きしました。

Q:キャンペーンの企画時に打ち合わせさせて頂きましたが、
新しいアイデアや提案はありましたか?

A:はい、こちらのニーズを汲み取ったアイデアを出して頂けました。

 

Q:Facebookのチェックイン機能を使ったキャンペーンでは、どの様な効果を期待されていますか?

A:より多くの方に商品の良さや特徴を知って貰う一環だと捉えています。まだまだ試験的な活用ですが、売り上げ増加に繋がればと考えています。

 

Q:今までにこの様なFacebookを使ったキャンペーンは行われていませんでしたが、
なぜ新しくFacebookを使いキャンペーンを行おうと思われましたか?

A:現状の弊社のFBに「いいね」を押していただいている層こそが、弊社が最もアプローチしていきたいターゲット層だったので、FBを使ったキャンペーンが有効と考えました。

 

Q:Facebookの仕様や機能の変化は激しく、制作はもちろんですが活用方法も常に変化しています。
Facebookの機能を十分理解し、ご提案させて頂けましたでしょうか?

また、Facebookの使い方・活用方法では十分サポートさせて頂けましたか?

A:そうですね、更にキャンペーン終了時まで一緒に経過をみていっていただけると信頼度はアップすると思います。
(※こちらのキャンペーンは既に終了しております。)

 

Q:今回は2回目の制作でしたが、初めてお顔合わせさせて頂きました。
格安での制作という事で、不安に思われている方も多い様ですが、安心して制作を任せて頂けましたでしょうか?

A:顔合わせ出来たので、不安は無かったです。また、お打ち合わせをすることで、細かい部分の理解や新しいアイデアなどが出てきました。

 

Q:その他、何かコメントなどありましたら、お願い致します。

A:デジタルマーケティングはまだ始まったばかりで、その有効性などはまだまだ計りかねるところも多いですが、消費者の動向が変化し続けている以上、マーケッターとしてはターゲットが利用しやすいツールでのコミュニケーション法を模索、強化していく必要性があると思います。

キャンペーン直前のお忙しい中、ご回答ありがとうございました。
引き続き、Facebookページ制作・キャンペーン・運用では、全力でお手伝いさせて頂きます。

*********************************

※今回ご紹介させて頂いたFacebookキャンペーン事例は、既に終了しております。

 
Facebookを使った店舗への集客キャンペーンなど、希望にあわせてキャンペーンを企画させて頂く事も可能です。ぜひ、一度こちらからお問い合わせください。

INNOUT.jp|お問い合わせ

 
 
チェックイン機能付きの格安Facebookページ制作プランは、こちらにてご確認ください。
 
Facebookページ制作
 

関連記事

Tags

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>