海外・英語WEB集客やソーシャルメディアについてのブログ

Facebookページ制作|新FBページデザイン(タイムライン)での制作をはじめました!


昨年頃から何かと話題にあがるFacebookですが、遂に国内ログイン利用者が1000万人を突破したそうです。

そのFacebookの企業向けであるFacebookページの仕様が、新デザインであるタイムラインに変更されると先日Facebookから発表がありました。

そのFacebookページの新デザイン、タイムラインに完全対応したFacebookページ制作をINNOUT.jpではじめさせて頂きます。


【写真の使い方で大きく成否をわける新Facebookページ】

新Facebookページ(タイムライン)では、写真の使い方が大切になります。
新デザインでは画面の横幅一杯にカバー写真が表示される為、より訪問者の目を惹く様になります(下図:オレンジ枠)

他にも、プロフィール写真(下図:赤枠)・アプリアイコン写真(下図:緑枠)・ハイライト写真・重要な出来事写真など、各所で画像を上手く使う事で製品やサービスなどをアピール出来る機会が増えます。

例えば、カバー写真に社名・製品名・店舗名を入れてみる事で、何についてのFacebookページか瞬時に訪問者にわかって貰えますよね。

(注)Facebookはこのカバー写真の広告・宣伝的な使い方を禁止していますので注意してください。

INNOUT.jp|新Facebookページのタイムラインサンプル


【旧Welcomeページ(アプリページ)はよりホームページに近くなる】

旧Welcomeページが新デザインではアプリページと呼ばれます。iFrameを使う事で、HTMLで自由にページを作る事が出来ます。

横幅が従来の520ピクセルから、810ピクセルに大幅に広くなる事で、表現の幅も広くなり、デザイン面でも制約が小さくなります。

ホームページの内容をそのまま移管したりと、よりホームページの様な使い方が出来る様になりました。

その他にも考えられる使い方としては、製品紹介の為に写真や動画を埋め込んだページや、問い合わせフォームやメルマガ登録フォームなどが考えられます

今回の、新Facebookページ制作プランは、
 ■格安9800円でFacebookページを提供する「はじめてのFacebookプラン
 ■Facebookページを総力を挙げてサポートする「Facebook集客フルプラン
 ■英語が出来なくても海外に向けてマーケティング出来る「海外向け・英語集客プラン

詳しい制作プランなどは、こちらにてご確認ください。

Facebookページ制作

【参考になるブログ記事】
Facebookページが強制的にタイムライン化されます!(米時間3月30日)
Facebookページ タイムライン化で参考になるデザイン10選(飲食店編)
Facebookページ タイムライン化で参考になるデザイン10選(著名人編)
Facebookページ タイムライン化で参考になるデザイン10選(企業・製品編)


関連記事

Tags

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>