海外・英語WEB集客やソーシャルメディアについてのブログ

インターネット集客の基本ブログ、よくある間違いとは!?


先日の投稿で、「インターネット集客の基本はブログだ!」と書かせて頂きました。

しかし、ブログを書いているのに、インターネット集客に結び付かないという方も多い様です!

そこで今回は、よくあるブログの間違いについて書かせて頂きます。
 

【仕事用ブログ(ビジネスブログ)は、日記ではない!】

「今日の昼飯は・・・。」

「うちの愛犬がかわいく・・・。」

仕事向けのビジネスブログでも、この様な個人的な日記を多く見掛けます。しかし、あなたが有名人で無い限り、訪問者はその様な個人的内容に興味はありません。
 

【誰に向けてブログを書いているか定まっていない!】

ブログを誰に向けて書いているのか不明確なケースが多いです。
ブログを書くことが目的になってしまっています。

あなたのブログの訪問者は誰ですか?

どこの誰がアクセスしているかは知る由はありません。
しかし、あなたのビジネスブログの訪問者は、見込み客であるべきです!

 

【ブログに内容が無い!ブログの内容が薄い!!】

こちらの場合もブログを書くことが目的となっている事が多く、ブログの内容が薄くなってしまっています。

「誰に」、「何の為に」読んで貰うブログなのか考えて書かれていないのかもしれません。

目的と対象が明確になれば、訪問者に読み応えのあるブログになります。
 

【ブログが更新されない…。】

折角、面白いブログを書いていても、定期的に更新されないと読者を集める事は難しいです。

継続的にネタを考えるのは難しく、上記の様な日記になってしまったり、内容の薄いブログになってしまうケースがあるので要注意です。
 

【読者が戻って来ないブログ!】

上記の様に「誰に」対してブログを書いているのか明確ではなく、読み応えのないブログでは読者は一度訪れても、戻ってくる事はありません。

また、ブログが訪問者の心を捉えている場合でも、更新頻度が低いとブログの訪問者も戻って来なくなってしまいます。

継続して読んで貰える様に、工夫する事も必要かと思います。
 

【売り込みがメインになっているブログ!】

ブログの訪問者は、必ずしもあなたの会社が提供する商品やサービスを買いたくて訪れている訳ではありません。

ブログ内で過度に商品やサービスの売り込みを行ってしまうと、ブログすらも読んで貰えません。

ビジネスブログは、「訪問者(見込み客)にとって有益な情報を提供する場所」と割り切ってしまいましょう!

そして、その有益な情報を通して、自分たちの商品・サービスの良さを知って貰いましょう!
 

【検索エンジンを無視したブログ!】

前回の投稿「インターネットからの集客の基本は、やっぱりブログ!」では、ブログは検索エンジンからの集客が見込めると書かせて頂きました。

しかし、ただやみくもにブログを書いているだけではライバルに埋もれてしまい、訪問者を大きく増やす事は出来ません。

そこで大切なのは、検索エンジンで「どの様な言葉で検索されたいのか」を意識してブログを書く事です。
 

【売上に貢献しないブログ!】

「ブログはインターネット集客の基本」なのに「売り上げに貢献しない」のは矛盾していると思われるかもしれませんが、実はよくある間違いの一つです。

「ブログの読者ターゲットが見込み客ではない場合」「読者ターゲットに間違った内容のブログを書いている場合」では、アクセスは集まりますが売り上げには繋がりません。

「誰に」対して「何を」書くのかは非常に重要です。

この様にブログを書くだけでも多くの間違いを犯している事があります。

「ブログでこんな間違いをして困っている」

「ブログのこんな事で困っている」

といったご意見・コメント等ありましたら、是非聞かせてください。
今後のブログ・トピックの参考にさせて頂きます。
(個別相談は、こちらのお問い合わせフォームからお願い致します。)

INNOUT.jpでは、SEO(検索エンジン最適化)に強いと言われているブログサービスWordPressとホームページを組み込んだ「インターネット集客プラン」を提供しています。詳しくは、こちらのページからどうぞ。

 
INNOUT.jp|インターネット集客プラン

 
また、ホームページやブログとソーシャルメディアの連携、またFacebookページの制作等どうぞお気軽にこちらからご相談ください。
 
INNOUT.jp|お問い合わせ

 

関連記事

Tags

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>